2013年6月17日
【企画】濃縮還元濃縮600%オレンジジュース 651

相手が目視できないレベルの速度でボールを投げれば消える魔球ができる。

こういう話をするとだいたい
「それってキャッチャーも取れないよな」
という話の流れができます
昨日こういう流れになりました
そしてそこから
「そのボールを投げるピッチャーもすごいよな」
という風な流れになりました
まあここまではよくあることです
しかし昨日はこの後
「よく考えたら、ボール投げたピッチャーも反作用で飛んでいくんじゃね?」
という流れになりまして

魔球 消えるピッチャー

が誕生してしまいました
想像するとものすごくシュールです
豪速球を投げたピッチャーがその反作用で遠くに飛んでいく
本当に恐ろしい魔球です


その話は昨日のこと
今回の本文は5月の始めのこと
企画の大元の話は2月ごろ・・・
友人と夕飯を食べているとき、ふと発した
「100%のジュースをさらに濃縮して飲んでみない?」
という一言でこの企画ができました
実際にちゃんと考えはじめたのは4月の後半からなのですが

そして今回の企画で用意したもの
濃縮方法:ひたすら煮詰める
濃縮液体:100%オレンジジュース(濃縮還元可 銘柄問わず)
必要道具:鍋(焦げ付くことを考慮し使い捨てで購入)
      :ろうと
参加勇者:レッター、妖刀o、かまぼこ
ゴールデンウィーク中ということであまり勇者を集めることができなかったのが惜しいです
ちなみに今回使用したオレンジジュースは、かまぼこが適当に買ってきたこれ

これの左側のオレンジを使いました。

部屋の明かりがつかなかったので全体的に写真が見づらいです
おゆるしください

そして、いざ煮詰めるぞ!と思った矢先に非常事態が発生
なんと買ってきた鍋がIH非対応
元からある鍋だと、焦げたときにめんどくさい
いろいろ考えた結果出た答えがこれ

IHが使える鍋でIHが使えない鍋ごと湯煎する

いろいろと非効率的な気がしますがもう気にしない方針で
そしてこのままお湯を沸騰させて煮詰めていきます

そしてじわじわ濃縮していき・・・



おおよそ1/6まで濃縮
ここまでだいたい2時間
これで濃縮還元濃縮600%オレンジジュースができました
どう見てもやばい色してますけど

見た目は黄色気味の黒っぽいおおどいろ
傾けると少し粘り気が感じられ、かおりは少し濃く感じられるぐらい
そして実食もとい実飲

覚悟を決めてコップを傾けるがなかなか出てこない
思った以上の粘り気
そして口の中に入ると
まずオレンジジュース独特の酸っぱさ
しかし普通の倍以上酸っぱい
そして口の中に広がる苦味
グレープフルーツの苦みの部分に近いかもしれない
それをのどに流し込もうとするが、粘りのせいでなかなか飲み込めない
完全に口の中がオレンジジュースで染まりました
口をすすがずにそのままいろなんて苦行ですね
好きな方には好きかもしれないですけど、大半の方は苦手な味だと思います
時間と根気がある方は試してみるとネタになります

あと鍋はまったく焦げ付きませんでした
ただ直接火にかけるとどうなるかわかんないですね
とりあえず鍋が余ったので今後どうするか考えときます


以上、この後濃縮還元濃縮600%オレンジジュースを水で6倍希釈し濃縮還元濃縮還元100%オレンジジュースを作り、甘みが減り苦みがましたオレンジジュースを飲んで終わったレッターでした。




ビバゲー

日本放置協会
Copyright©Rettar All Rights Reserved.